夏物って何? 季節ごとの着物の楽しみ方~夏物編|
着物の着付を習うなら着付教室の長沼静きもの学院

コラム

(コラム第7回)
夏物って何? 季節ごとの
着物の楽しみ方~夏物編

image

夏物って何? 季節ごとの
着物の楽しみ方~夏物編~
夏も涼しく優雅に着物を
楽しむには??

暑い夏の日に着物姿を見かけると、涼し気で優雅で素敵だなと感じませんか?
その一方、こんな暑い中着物を着るなんて想像できない!と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
今回はなかなか知ることのない、季節の着物、夏物についてお伝えします!

着物も洋服と同じように、季節に合わせて衣替え

冬・秋・春に着る着物のことを「袷(あわせ)」
6月9月は、「単(ひとえ)」
7月8月の盛夏の時期は「夏物」もしくは
「薄物(うすもの)」

みなさんは普段、洋服を着る際に、季節に応じて着るものを選びますよね。和装の着物も同じように、季節によって衣替えをします。冬・秋・春に着る着物のことを「袷(あわせ)」、6月9月は、、「単(ひとえ)」、7月8月の盛夏の時期は「夏物」もしくは「薄物(うすもの)」といい、季節に合った着物を選んで着る習慣があります。

夏に着る着物の呼び名と時期

「単(ひとえ)」を着る時期は、6月と9月。「夏物」・「薄物」を着る時期は、7月と8月です。 「袷」を着る時期は10月~5月頃となります。
夏に着る着物は期間が短いですが、それだけに季節感を着ても見ても感じられる着物となります。、夏物・薄物のそれぞれの特徴を見てみましょう。

「単(ひとえ)」の特徴

真夏の前、蒸し暑い時期に入る6月と、夏が終わり秋に向かう9月に着るものです

単は、真夏の前、蒸し暑い時期に入る6月と、夏が終わり秋に向かう9月に着るものです。
簡単にいえば着物に裏地がついていない仕立てのものを指します。

反対に、冬~春にかけて着る袷には、裏地がついていて、防寒対策が施されています。梅雨時はやはりできるだけ涼しく過ごしたいですから、のように一枚の生地で仕立てられているものが軽く心地よくなります。

また、6月の中頃からは、着物は単ですが帯は夏物になります。帯締めや帯揚げ半衿など小物は帯に準じますので、帯が夏物にされたときは帯揚げや帯締め、半衿も夏物を合わせます。気候がだんだん蒸し暑くなってくるに従って、少しずつ装いも夏に移行していきます。

image

「夏物」「薄物」の特徴

涼やかな見た目、通気性に長けていて、
軽くて快適な着心地です

そして、盛夏の時期となり、7月8月は、「夏物」・「薄物(うすもの)」となります。
夏の着物というと浴衣がありますが、浴衣はカジュアルな着物ですが、「夏物」「薄物」は、紬、小紋から訪問着、留袖もあり、おしゃれな装いとなります。

と同じように裏地はついていませんが、と異なるのは、生地が規則的に隙間が空くような織り目になり、涼やかな見た目となります。生地は、絽(ろ)・紗(しゃ)と呼ばれるもの、素材は絹はもちろん麻なども用いられます。通気性に長けており、着心地も大変軽く、サラッと着ることができます。

夏に着用する帯や小物は?

帯や小物は、すべて夏用のものが揃っています

夏場を通して、帯は夏帯と呼ばれる、帯地が透けるタイプのものを着用するのが一般的です。
着物と同じように、絽・紗などが帯地に使われます。帯揚げや帯締め、半衿、長襦袢なども、夏の小物を合わせます。

下着は、麻の生地などの夏用の下着や、メッシュの衿芯や前板など、すべて夏用のものがそろっています。麻の下着、夏物の長襦袢、夏物・薄物、夏帯、このような着方ができましたら、蒸し暑い日本の夏も比較的涼しく、見た目も涼やかな素敵な夏の装いになりますね。
夏祭り、花火大会にはもちろんカジュアルに浴衣を楽しめます。

image

季節によって着物を着分けるのもマナー

このように、着物には、夏には夏向けのもの、秋・冬・春にはそれに応じたものを着用する約束事があります。しかし、地域ごとの季節の違いもありますし、日によって蒸し暑いときもあれば肌寒いときもあります。体調によってもうまく着物を着分けることは大切です。ですので6月1日と9月1日に必ずしもに着替えなければならないというわけではありません。

とはいえ、よそのお宅に訪問する際や、目上の人と会う際には、夏衣を着分けるのがマナーとされています。9月に訪問する機会があれば、夏物ではなくを着るという風にです。

普段ご自分で楽しむ時には、臨機応変に。最近は4月や10月でも暑い日が続くことがあり、少し早め、遅めの時期に単を着ることももちろんあります。(ただ盛夏用の夏物はやはり7月8月頃をおすすめします)

着物は、「季節によって着るものが変わるなんて・・・全部一緒と思っていました!」と驚いた人も多いかもしれません。
日本は、春夏秋冬で気候がかなり変わりますので、着物で一年中過ごしていた時代は、それぞれの季節に応じた着物を変え、着心地をよくし、見た目からも季節を感じられる装いをしてきました。
単の着物はとても軽く行動しやすいですし、夏物もレンタル用の着物もありますので、ぜひ一度夏の華やかな場にお召しになってみてください。
見た目涼しく、周囲の方々にも大変喜ばれると思います!

image